ビタミンC誘導体 高濃度

ビタミンAクリームに期待できること

ビタミンAの働きは?

ビタミンAクリームの前に、まずはビタミンAについて知らなければいけません。いろいろな働きがあるのですが、ここでは特に、「美容」に着目してみていきましょう。ビタミンAは、一部のアトピー性皮膚炎に効果的ですし、ニキビ対策としても有効です。また、肌の老化に「一役買っている」紫外線を疎外する働きももっており、肌を若々しく保つ効果もあります。(なお、アトピー性皮膚炎に関しては、ここで軽々に「絶対に効果がある」と述べることはできません。悪化しない保証はできませんので、アトピー性皮膚炎のひとは、一度皮膚科で専門医の判断を仰いでください)

ビタミンAクリームとは何か

ビタミンAクリームとは、その名前のとおり、ビタミンAを大量に配合したクリームのことです。そのまんま、といえばそのまんまですね。ビタミンAクリームには、上記であげたような効果を望むことが出来ます。ただ、一口に「ビタミンAクリーム」と言っても、配合量やほかの成分は、それぞれ独自色を打ち出しています。そのため、「○○社のものが一番いいよ」とはなかなかいえません。
ビタミンAクリームには、ビタミンAのほかに、ミネラルや種々の自然成分が入っていることが一般的です。そのため、この「他成分」をみて、「どれを選ぼうかな」と決めてもよいでしょう。もちろん、ランキングなどを参考にするのもいい方法ですね。なお余談ですが、ビタミンAクリームだけでなく、ビタミンKクリームや、ほかのビタミンを配合したクリームもたくさんあります。

 

ビタミンC誘導体がオススメなワケ

ビタミンC誘導体で、ビタミンを効率よく吸収!

ビタミンCには、美白(紫外線への対抗策)、殺菌作用、抗酸化作用、加えてコラーゲン生成をサポートするという、美容に欠かすことのできない役割を担っています。美容業界だけでなく、医学的な面からの視線も熱い、まさに「働くビタミン」「ビタミンの王様」でもあります。ですがこのビタミンCには、欠点があります。それが、「水溶性で、かつ不安定であること」です。肌に塗布しても、肌は水溶性の物質をはじきますし、ビタミンC自体がそう強くないものであるため、すぐに壊れてしまいます。ですから、肌においても、期待以上の働きはしてくれず、ほとんど吸収されないのです。そこで活躍するのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は強い

ビタミンC誘導体は、「ビタミンCを効率よく」体内に吸収するために、「合成された」物質です。ビタミンC誘導体は非常に強く、壊れにくいです。また、肌に吸収されやすくなっています。ビタミンC誘導体は生体内に入ると、酵素の反応とかみあって、ビタミンCへと「変身」します。体内の中での動きですから、ビタミンCは無駄なく吸収されるのです。
このように、ビタミンC誘導体はビタミンCの欠点を解消した成分である、と言えるでしょう。ビタミンC誘導体がオススメなのは、ビタミンCと同じ働きをするものでありながら、非常に頑健である、ということにあります。

 

 

ビタミンC誘導体についてもっと知りたい方はこちら→ビタミンC誘導体