美白の有効成分

美白を達成したい!有効成分にはどんなものがある?

「美白を達成したい!」というひとのために

 

美白を達成したい!というひとは、たくさんいます。一時期ガングロギャル、なんてものもはやりましたが、やはり美白を支持するひとの方が多いですよね。

 

そこで気になるのが、「美白成分」です。

 

厚生労働省に認可された美白成分というのは、安全性も確立されていますし、効果も実証されています。その代表例となるビタミンC誘導体は、厚生労働省が認可したもっとも古い美白成分であり、ほとんどの美白化粧品に含まれています。刺激を感じることがまったくないわけではありませんが、対外から摂取しても一定量以上は溜め込むことのできないビタミンCを、体の中で作り上げることができます。

 

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、もっとも有名でもっとも効果的な美白成分のひとつでしょう。これは非常に強い効力をもっており、美白成分の王様と言えるほどの力があります。その反面、美白成分全体と比べてもリスクが高い成分でもあります。

 

高濃度のものを使うと、白斑の症状がでることがあります。これは肌が白く「白抜き」されてしまうものであり、多くが不可逆性です。ハイドロキノンを使う場所として多いのはやはり「顔」ですので、そのダメージもはかりしれません。

 

強い成分にはその分リスクもある、ということは覚悟しておくべきではありますが、出回っている化粧品にはほとんどこの危険はありません。