高濃度ビタミンC

高濃度ビタミンCとは何か

高濃度ビタミンCの分類

「高濃度ビタミンCとはなんぞや?」という問いに対する答えとしては、「ガンなどに対して効果的な点滴療法だよ」というものと、「化粧水にも配合されているよ」という二つがあります。前者に関しては、2005年にアメリカで認められた医学療法のひとつで、点滴として用いられます。抗がん剤での効果が見込めなかったひとや、その激しい副作用に耐えられなくなったひとの代替医療として開発されたものであり、一定の効果をあげています。

高濃度ビタミンCの化粧水

一方、高濃度ビタミンCは化粧水などにも利用されています。美容方面でも役立っているのです。
ビタミンCは、実は肌にほとんど吸収されません。というのも、ビタミンCは非常に不安定な上に、水溶性であるからです。肌の性質上、水溶性は吸収されません。
これの解決策として提示されたものがビタミンC誘導体です。高濃度ビタミンC、というのは、「高濃度のビタミンC誘導体のことである」と理解して差し支えないでしょう。当然、効き目はあります。「効き目がなかった」というマイナス評価はほとんどなく、利用したひとの大半が、「確かに効き目があった」と答えています。しかし一方で、あまりにも強力すぎるが故に、肌のひりつきや荒れを起こしてしまうケースもあります。強い薬には強い副作用があるように、強い化粧水には強い副作用があることもあるのです。初めは少なめに使うほうが無難です。